京都支店からのお知らせ

ERI おこしやす京都支店(Vol.28)

京都市からのお知らせ

事前協議(景観デザインレビュー)制度について

京都市では,世界遺産をはじめとする寺社等とその周辺の歴史的景観を保全するため,「景観規制の充実」「有効な支援策」「景観づくりの推進」の3つを柱とする歴史的景観の保全に関する具体的施策について,京都市眺望景観創生条例等の改正等を行い,景観の保全と創生に向けた様々な取組を進めています。

今回,「景観規制の充実」の一つとして,世界遺産を含めた27箇所の寺社等の周辺における建築計画のうち,平成30(2018)年10月1日以降に景観申請等を行うものについて,新たに事前協議(景観デザインレビュー)を義務付けます。

※景観申請等とは,風致地区,歴史的風土保存地区,歴史的風土特別保存地区,自然風景保全地区,特別緑地保全地区,近郊緑地保全地区,美観地区,美観形成地区,伝統的建造物群保存地区,眺望景観保全地区内における申請,協議,通知又は届出をいいます。

対象区域と対象行為

対象となる寺社等(境内地)
行政区 寺社等(境内地) 行政区 寺社等(境内地)
北区 上賀茂神社,大徳寺,金閣寺 下京区 西本願寺,東本願寺
上京区 北野天満宮,相国寺,京都御苑 南区 東寺
左京区 下鴨神社,銀閣寺,南禅寺,平安神宮,修学院離宮 右京区 仁和寺,高山寺,天龍寺,龍安寺,妙心寺
中京区 二条城 西京区 西芳寺,桂離宮
東山区 清水寺,知恩院,建仁寺,東福寺 伏見区 醍醐寺

対象行為

境内地及び境内地周辺の通り等のほか,境内地から500メートル以内での新築及び増築等(建築計画等の場所によって規模や対象行為を別途定めています)

事前協議(景観デザインレビュー)制度の対象区域・行為(建築物)
対象区域の種別・対象行為
図1

建築基準法に関するお知らせ

バリアフリー法施行令の改正について

1. 主な改正項目

高齢者、障害者等の円滑化の促進に関する法律施行令第15条の政令改正により、延べ面積2.000㎡以上、かつ50室以上のホテル又は旅館に義務付けられる、車いす使用者用客室の設置数について客室の総数に対する割合で定めるよう見直しを行います。

○ホテル又は旅館の車椅子使用者用客室の設置基準の規制強化
客室総数が50以上のホテル・旅館に義務付けられる、車椅子使用者用客室の設置数について、客室総数に対する割合で求めるよう改正されました。
具体的には、これまで、ホテル・旅館の客室総数が50以上の場合は、1以上の車椅子使用者用客室を設けることとされていましたが、今般の改正により客室総数が50以上の場合は、客室総数の1%以上(小数点以下は切り上げ)の車椅子使用者用客室を設けることとされました。

現行
改正後

2. 施工日:平成31年9月1日

建築物省エネ法(省エネ適判)に関するお知らせ

省エネ適判に関するよくある質問

A.BEI=1.2を利用する計算方法は「国土交通大臣が認めた方法」となります。従って下図のように建物全体のBEIと増改築部分に適用した計算方法を示すこととします。標準入力法の場合には算出された基準・設計⼀次エネルギー消費量も記載してください。

非住宅部分のエネルギー消費性能 既存建築物のエネルギー消費性能について

支店からのお知らせ

各種ニュースは日本ERI株式会社のホームページで更新されています。
https://www.j-eri.co.jp/
@ERI倶楽部についてもぜひご登録をお願いいたします。
ご登録は https://club.j-eri.jp/club/members/login よりご登録いただきますと本社よりメールマガジンの配信等をさせていただきます。
【編集関係】内容に対するご意見やお問い合わせ、ニュースの投稿など
E-mail: 宛にご連絡ください。

◆京都支店へお車でご来社の方は京都市営御池地下駐車場をご利用ください。
「一時間の無料駐車券」を差し上げます。
案内地図はこちらから https://www.j-eri.co.jp/ の支店からのお知らせより京都支店からのお知らせのページをご覧下さい。

お問い合わせ先 : 日本ERI株式会社 京都支店
TEL:075-257-4663  FAX:075-211-1106  
お問い合わせはこちら