1. HOME»
  2. 業務のご案内»
  3. 建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)評価業務»
  4. 建築物の省エネルギー基準 モデル建物法入力実務講習会(2017)

入力実務講習会

建築物の省エネルギー基準 モデル建物法入力実務講習会

いよいよ省エネ基準適合が義務化されます。
モデル建物法は、設計者のこれからの必須知識です。準備は万端ですか?

2017年4月から大規模非住宅建築物の省エネ基準適合義務化が始まり、対象建築物は建築確認の際に、省エネ基準に適合していることの判定を受ける必要があります。
申請時や着工後の省エネに係る仕様変更時に省エネ計算は必須知識になります。
そこで、初めてモデル建物法の入力を体験する方向けに少人数で実際にPCを使いながら入力実務を学べる講習会を開催致します。
省エネ計算の実務を実地に学べる貴重な機会ですので、ぜひ参加をご検討ください。

ご参加ご希望の方は、以下の「申込みフォーム」からお申込みいただけます。
また、申込書にご記入の上、Faxでもお申込みいただけます。
(ダウンロードはこちら:FAX用PDFファイル

【開催要領】
プログラム :
10:00〜10:40
概論:省エネ基準適合義務化の制度等
10:40〜14:30
モデル建物法の入力実習①(昼休み60分間含む)
14:30〜16:30
モデル建物法の入力実習②
16:30〜17:00
申請書類(計画書)の記載方法・工事監理の留意点
  • 受講者にはPCをご持参いただき、サンプル建築物(2棟)の図面や仕様をもとに、実際に、(国研)建築研究所の「モデル建物法入力支援ツール」を使用してモデル建物法の入力実務を学んでいただきます。
  • 併せて、設計図書の作成方法や計算結果の出力に基づく省エネ適判の申請書類(計画書)の記載方法、工事監理のポイントまで学んでいただきます。
日   程 :
開催地 日時 会場
東京① 5/10(水) ERIグループセミナー室
港区赤坂8-10-24 住友不動産青山ビル南館1階
仙台 5/15(月) 宮城県建設産業会館
青葉区支倉町2-48
横浜 5/19(金) ラジオ日本クリエイト
横浜市中区長者町5-85 三共横浜ビル3階
福岡
満席
5/22(月) 福岡センタービル
博多区博多駅前2-2-1(福岡支店と同じビルです)
鹿児島 5/23(火) かごしま県民交流センター
鹿児島市山下町14-50
金沢 5/26(金) 石川県地場産業振興センター
金沢市鞍月2-1
さいたま 5/29(月) ジェイエイ共済埼玉ビルディング
大宮区土手町1-2
東京② 6/2(金) ERIグループセミナー室
港区赤坂8-10-24 住友不動産青山ビル南館1階
広島 6/6(火) RCC文化センター
中区橋本町 5-11
大阪 6/7(水) 新大阪丸ビル別館
東淀川区東中島1-18-22
名古屋 6/8(木) 名古屋国際センター
中村区那古野1-47-1
定     員 :
各会場とも約50名
参  加  費 :
32,400円/名(税込)
主    催 :
日本ERI株式会社
後    援 :

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会
公益社団法人日本建築家協会
公益社団法人日本建築士会連合会
一般社団法人日本建築士事務所協会連合会
一般社団法人不動産証券化協会


CPD認定講座(申請中)

* お申込みを確認後、参加費のお支払について事務局からE-Mailでご連絡を差し上げます。 

運営事務局(お問合せ先)

株式会社ERIアカデミー
TEL:03-5775-7848 FAX:03-5474-1007
E-Mail:info@a-eri.co.jp

モデル建物法入力実務講習会 申込みフォーム

※の項目は必ず記入してください。

希望会場 :
会社名 :
受講者名 :
フリガナ :
TEL :
FAX :
E-mail :

※お申込み受付後にメールにてご連絡させていただきます
備考 :
確認事項 :

(下記をご確認の上、確認欄にチェックを入れてください。)

次の①〜③の条件を満たしたPCをご持参ください。

①参加会場においてWi-Fi(無線LAN)接続可能な通信機能を備えたノートPCであること。

  • 入力実務講習は、受講者が持参したPCで実際に入力を行っていただきます。
  • (国研)建築研究所のウェブプログラムを使用します。

②次のいずれかのウェブブラウザが使用可能なこと。

  • インターネットエクスプローラ(IE)バージョン9以降のもの
  • Firefox 最新バージョンのもの
  • Chrome 最新バージョンのもの

③“Microsoft Excel(表計算ソフトウェア)”の2010以降がインストールされていること。

★受講に先立ち、次のURLから(国研)建築研究所のモデル建物法のウェブプログラムの動作確認を行ってください。
http://model.app.lowenergy.jp
  • ノートPCをご持参いただけない場合、もしくはご持参のPCが上記条件を満たさない等に起因して入力実務講習を受けられない場合の責任は負いかねます。
  • Wi-Fiへの接続等の作業は受講者に行っていただきます。(接続方法等は当日会場にて主催者からご案内します。)
  • 外部サイトに接続することによるセキュリティ等については保証しかねます。
  • Wi-Fiルーターは主催者側が当日会場にご用意します。
    ただし、受講者にお持ちいただくノートPCと、主催者が用意するルーターとの接続を保証するものではありません。
  • お持ちいただくノートPC用の電源は、主催者側が当日会場にご用意します。
  

* 個人情報は、株式会社ERIアカデミーにおいて、当セミナーの受付・出席の確認等に使用します。
また今後、日本ERI株式会社から省エネ基準適合義務化・BELS等に関する情報のご案内をする際にも利用させていただきます。

  • 目からウロコの確認申請
  • 目からウロコQA
  • 免震・制震構造の設計
  • これで完璧!確認申請
著作権は日本ERI株式会社またはその情報提供者に帰属します。日本ERI株式会社
トップに
戻る