1. HOME»
  2. 業務のご案内»
  3. 住宅瑕疵担保責任保険業務»
  4. 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)とは

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)とは

新築住宅の発注者や買主を保護するため、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月1日に施工せれ、新築住宅の請負人(建設業者)や売主(宅建業者)に対して資力確保措置(保険への加入または保障金の供託)が義務付けられます。

対象となる住宅

平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅。

義務付け対象者とは

一般消費者に新築住宅を引き渡す建設業者や宅建業者。

資力確保措置の方法

「瑕疵担保責任保険への加入」または「保証金の供託」

罰則規定等

懲役または罰金及び行政指導、営業停止、新築住宅の請負契約や売買契約の新規締結不可 等

参照:国土交通省ホームページ
「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律コーナー」

住宅瑕疵担保責任
保険業務

  • 目からウロコの確認申請
  • 目からウロコQA
  • 免震・制震構造の設計
  • これで完璧!確認申請
著作権は日本ERI株式会社またはその情報提供者に帰属します。日本ERI株式会社
トップに
戻る