1. HOME»
  2. 業務のご案内»
  3. 既存住宅の耐震性能評価業務 »
  4. 耐震性能評価 事前相談受付

耐震性能評価 事前相談受付

耐震性能評価 事前相談受付票 ( * 印は必須項目です )

※ 受付後、弊社よりメール又はお電話にてご連絡させていただきます。

ご連絡先 *

住所:
氏名:
TEL:
E-mail:

評価を受ける予定の住宅について *

住宅の居住表示
建て方
一戸建ての住宅   共同住宅等
住宅の戸数
建物全体 (  )戸
建築面積
(  )u
延べ面積
(  )u
建築年次
 年
階数
地上(  )階 / 地下(  )階
構造
(  )造
一部(  )造

1. 新築時の状況についてお尋ねします。当てはまる欄にチェックして下さい。 *
「はい」にチェックした場合は、その時の耐震等級をご記入下さい。

  • 建設住宅性能評価書の交付を受けている
    はい → その時の耐震等級は何等級でしたか? (  )等級
    いいえ
  • 設計住宅性能評価書の交付を受けている
    はい → その時の耐震等級は何等級でしたか? (  )等級
    いいえ
  • 評価書はないが、メーカー(又はディベロッパー)から自己評価書を受取っている
    はい → その時の耐震等級は何等級でしたか? (  )等級
    いいえ

2. 図面等の有無についてお尋ねします。 *
以下の図面等について、当てはまる欄にチェックして下さい。

*1 リフォームについては構造躯体に関わるもののみを指す。

  • 新築時の図面
    ある   ない  分からない
  • 新築時の構造計算書
    ある  ない  分からない
  • 増改築・リフォーム*1 時の図面
    ある  ない  分からない  リフォーム等はしていない
  • 増改築・リフォーム*1 時の構造計算書
    ある  ない  分からない  リフォーム等はしていない
  • 耐震改修設計書
    ある  ない  分からない  耐震改修していない
  • 耐震診断(報告)書
    ある  ない  分からない  耐震診断は受けていない
  • 認定書(特別評価方法認定書等)
    ある  ない  分からない
  • 第三者による工事検査記録
    ある  ない  分からない

【 第三者による工事検査記録とは 】

  • 建築基準法に基づく中間検査合格証(躯体工事完了時または下地直前工事の完了時に実施されたものに限る)
  • 住宅性能保証制度等により新築時に検査を受けた住宅であることを証明するもの(保証書の写し)
  • 新築時に住宅金融公庫融資に係る現場検査を受けた住宅であることを証明するもの(公庫現場検査に関する通知書、建物登記簿謄(抄)本等)
  • 耐震診断を行い、適切に耐震改良工事を行ったことが、第三者により確認されている既存住宅であることを証明するもの

3. 建物の状況についてお尋ねします。 *

外観を見て、以下の項目に当てはまる事項があれば全てチェックして下さい。

  • 柱や壁が多少傾いている
  • 窓などに隙間が見られる
  • 基礎と土台がずれている
  • 屋根が波打っている
  • 基礎のコンクリートにひび割れが多い
  • ひび割れや剥落がある
  • 火災を受けたことがある
  • 地震により被災したことがある
  • その他建物の傷み (  )
  • 外観から見た建物の傷みはほとんどない

4. 耐震補強についてお尋ねします。

耐震補強をしたことがありますか?
以下の項目から当てはまる欄にチェックして、必要事項を記入して下さい。

  • したことがある ( 年 月頃 )
  • したことはない

5. 共同住宅の場合

耐震性能評価を行う際には、立入りによる検査や修復を要する検査を行う場合があります。その際、管理組合等の承諾が必要になりますが、そのことについて、管理組合等に説明していますか?
以下の項目から当てはまる欄にチェックして下さい。

  • 詳しく話をしていて、承諾ももらえそうだ。
  • 評価をすることについては話をしているが、立入りや修復を要する検査があることまでは、話をしていない。
  • 話をしているが、評価をすることにあまり好意的ではない。
  • 誰にもまだ話をしていない。誰に話をしてよいか分からない。

備考

   

既存住宅
耐震性能評価業務

本件についてのお問合せ先: 株式会社ERIソリューションまで
TEL:03-5775-5209  FAX:03-3475-3732  E-mail:info@j-eri.co.jp
  • 目からウロコの確認申請
  • 目からウロコQA
  • 免震・制震構造の設計
  • これで完璧!確認申請
著作権は日本ERI株式会社またはその情報提供者に帰属します。日本ERI株式会社
トップに
戻る