1. HOME»
  2. 日本ERIについて»
  3. 採用情報»
  4. 新卒採用

採用情報

新卒採用

リクナビにて受付致します。

  • リクナビ2019

学生へのメッセージ

さいたま支店 確認部 次長

藤田 直人(2008年4月入社)

法律を駆使する建築の仕事もある、まずそれを知って欲しい。

いくら建築を学んでいると言っても、確認申請やERIのような確認検査機関を知らない方が多いかもしれません。実は私もそうでしたし、社会に出た後に、法律を介した業務を知りました。建築の分野には設計や現場に特化した仕事に加え、法律を駆使する仕事がある。その存在をまず知って欲しいと思います。実務経験は業務の支えになりますが、ERIは研修が充実しているので、未経験でも成長は十分可能です。新卒時はゼネコンだろうと設計事務所であろうと、下働きから始めるのはどこも同じ。それなら当社でチャレンジしてみませんか、とお誘いしたいですね。

スタッフインタビューのページへ

宇都宮支店 確認部

寺西 美帆(2012年3月入社)

20代なら、キャリアの最短距離を進んで行ける。

この業界に入るならERIです。業界トップであることに甘んじず、常に新しいことにチャレンジする社風。他にない会社だと信じています。新卒で入社すれば、20代のうちに必要資格の取得も可能ですし、キャリア的に遠回りしなくて済みます。性格で言えば、真面目で、なおかつ人に物をきちんと尋ねられる人。何でも訊いて、勉強して、任せられる人に早くなってください。

スタッフインタビューのページへ

千葉支店 評価部

大野 高典(2011年11月入社)

「確認する側に回ってみないか、会社もフランクで面白いぞ」

設計者と確認検査員や住宅性能評価員の違い、それは「作り手になるか、確認する側になるか」に尽きます。作るにしても法律が基本となるので、その知識習得や伝えるプロセスに興味があるなら、ERIはお薦めです。
またERIは堅い企業というイメージを持たれがちですが、実はフランクな人がたくさんいます。休日に集まってバーベキューをしたり、同好会でスポーツに熱中したり。ちなみに私はフットサルとダーツの同好会に所属しています。業務に対するストイックさと、オフでの遊び心。入社したら、そのギャップを楽しんでみてください。

スタッフインタビューのページへ

名古屋支店 確認部 審査課 主査

藤橋 俊輔(2007年8月入社)

努力は必ず報われる、典型的な会社です。

どんな分野でも言えますが、仕事は一人ではできないもの。素直な性格や、協調性は大事だと思います。そして、たとえ苦しくても努力を継続することです。業務の要点は先輩や上司、あるいはマニュアルから学べますが、ベースとなる法文は、もう読み続けて理解するしか道はありません。その労力さえいとわなければ、仕事も会社も、あなたの期待にきっと応えてくれることでしょう。

スタッフインタビューのページへ

著作権は日本ERI株式会社またはその情報提供者に帰属します。日本ERI株式会社
トップに
戻る